fc2ブログ

「パパがしげみになった日」



ヨーケ・ファン・レーウェン 作 ・ 野坂悦子 訳 ・ 岡本よしろう 絵
「パパがしげみになった日」(児童文学)が ほるぷ出版より刊行されました。

(出版社紹介文より抜粋)
まっすぐでちょっととぼけた女の子、トダの視点から語られる戦争の物語。不思議にくすっと笑える、そして時にハッと胸を刺される、そんなお話です。イラスト多数で、戦争の本は怖いという子にもおすすめの、現代を生きる子どもたちに読んでもらいたい一冊です。
詳しくは→ ほるぷ出版ホームページ  (ちょっとイラストも見れます)

で、岡本よしろう 絵、とありますが、この本の原書(元はオランダ語)では、
作者のヨーケさんがイラスト、表紙絵まで全部描かれています。
今回、日本で出版される際に、より日本の子供達に伝わりやすくするために
絵を日本ローカライズしよう、でもなるべくヨーケさんの”感じ”は変えずにね!
という指令が下りまして、多少あたくしが創作orアレンジした部分もありますが、
ほとんど?はヨーケさんの絵を見ながら、結構そのまんま描いたものです。
(許諾を得ております)
本当にこのお話は絵と文が不可分で、ともに独特のフワッとさがあって、
違う絵にしたら世界が成立しなくなっちゃうよ!という類の本なので
ヨーケさんの世界感を出来るだけ伝えられる様に頑張りました。
おススメです!



| 仕事 | 21:09 │Comments2 | Trackbacks0編集

コメント

読みたい
もしかして原書は下記でしょうか?

https://www.amazon.co.jp/Toen-mijn-vader-struik-werd/dp/9045110849

原書のイラストのテイストが岡本よしろうさんの絵を彷彿とさせるので、オファーが来たのも納得ですね!

野坂さんの翻訳ですし、早く読みたいです!

2023.12.24(Sun) 10:17 | URL | アダムのママ|編集

Re: アダムのママ さま
ははは、さすがアダムマム探偵ですね!

野坂さんは本当に素晴らしい翻訳家さんです。ご一緒にお仕事をさせて頂いて、
この本をとても大切に制作されているのがよく伝わって来ました。
ぜひ読んでみて下さいませ(^O^)/

2023.12.25(Mon) 09:28 | URL | 岡本よしろう|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://mitsukotokappa.blog.fc2.com/tb.php/1215-3796a766

| main |

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事