fc2ブログ

プラモデル



資料で必要になったので、バイクのプラモデルを作りました。
(遊んでるわけじゃないんだからね!)

んでもって、あたくしは昔からプラモデル作りが苦手です。
どちらか?というと、何もない所から想像で紙粘土とかでニュルニュル~っと
テキトーに作るのは好きなのですが、設計図通りに言われた手順でキッチリ
カッチリ合う様に作るというのは、どうにも性に合いません。
しかも設計図に描いてある事を読み解くのも難ありですし、そのうえ
こちとら老眼でい!という感じ。
このサイズのプラモデルでも色々すごいパーツが細かいんですね。
恐るべし日本模型業界の技術です。
その細かいパーツがピョーンと飛んで行ったり、何とかくっつけたと思ったら
AパーツとBパーツの塊をドッキングする際に、細かいのがビョンビョーンと
やっぱり飛んで行ったりして、もうムキャー!!!!!ってなりますね。

あともう許して!となるのが水で浮かせて貼り付ける、「デカール」という
シールみたいなモノ。なかなか滑って欲しい所に貼り付けられない。
ピンセットでつまんだら、プツンと切れて、「ああもうっ!(怒)」となる。
手早く出来ないので水が乾いてしまって、くっつかなくなったので、
接着剤でつけようと思って塗ったら、デカール、(接着剤の溶剤で)
ふちゃふちゃに溶けました…とか(泣)

切れて溶けて無くなった部分を(絵を描く)アクリル絵の具で塗ったら、
そんな細い筆(および技術)はウチには無く、線がびよびよになってたりします。
んまー、一人でキレまくりながら(途中何度か投げだしそうになりながら)
作りました。 細かいパーツはもはや不採用!になりました。
制作時間は半日×3日位だったでしょうか。
次からはちょっと高くても、完成品を買おう、と思いました(*´▽`*)



| メイキング | 20:14 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://mitsukotokappa.blog.fc2.com/tb.php/1214-a3b07ec7

| main |

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事