fc2ブログ

デジタル描き(長い)

本日は専門的なお話でスミマセンが、ちょっと自分の備忘録的&頭の整理に
書いておこうと思います。(ほとんど独り言なので気にしないで下さい<(_ _)>)

2020年の9月に液晶タブレットを導入しました。
それから即座に実戦投入で、「しょうぼうしゃ、てんけんよし!」など
いくつかの仕事で、フルデジタルもしくは一部デジタルや
デジタルでのデータ修正などに使って来ました。

液タブ以前は通称”板タブ”を使っていたのですが、その時には
あくまで下描きまででした。 かつ、ラフスケッチなどを制作する場合でも
紙に手描きで描いたものを取り込んでから、という事が多かった様に思います。
液タブ導入後変わったのが「ペーパーレス化」で、いきなり描いた方が
即修正出来て早いし、紙の束にもならないので いろいろ楽。
スケッチ的なものはほとんどデジタルになりました。

で、あたくしクリップスタジオというお絵描きソフトを長年使っているのですが、
今年に入って、その上位ソフトの「EX」というのにアップグレードしました。
EXというのはマンガ家さん達がよく使われているソフトで、「ページもの」を作るのが
より簡単になります。というシロモノ。
ちょっと高価なので、マンガ家じゃないし 「あっしにゃ、関係ないことで…」と思っていたのですが、ちょっと「読み物60ページ以上」の仕事をする事になり、そのデータの管理に途方に暮れたのを機に、遂にアップグレーーーード!!!

してみましたら、もう、ものすごく楽!
もう何が起こったのかよくわからず、説明も出来ないのですが、つまる所、ラフを作るのが「とても楽で楽しく&早く」なりました。 個人的に「EX革命」と呼んでおります。(マンガ家さん達からしたら、”当たり前”なのかもしれませんが…)
その他いろいろ有益な機能がついているので(万が一必要な方がいらっしゃったら)オススメです。
で、ラフ制作にはあたくし的には↑必須!になりました。

なのですが、現在もやっております「フルデジタル本描き」、こっちはヤベーです。
近年元々老眼が~となっていた所ではありますが、液タブ以降どーんと進んだ気がします。&元々時短のために始めたはずが、逆に手描きより(大幅に)時間がかかるという本末転倒。

色々な技術やコピペなど、デジタルだから出来る○○、というのを全然知らない(覚えられない)ので、デジタル描き、といいつつ、あたくしがやっているのはデジタル機器を使ったアナログ描きです。
手描きで、一筆でサッと描いたとします。ムラが出ていい感じになったりします。手描きだと 偶然出るこの感じを、デジタルで数層のレイヤーを使って自力で出そうとしたりします。←アホか!
アホです。
(↑知識や技術があればその必要はないものを、人力(手数)でカバーしようとする)
最近終わった、すごく厄介だったページのレイヤーを数えてみました所、170層以上ありました。
アホです(>_<)

ということで、今回の作品をもちまして、フルデジタルでの本描きを卒業しようと思います。どうも おつかれさまでした。(といいつつ旅はまだ続く…)



| メイキング | 21:11 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://mitsukotokappa.blog.fc2.com/tb.php/1167-ff4e8c49

| main |

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事