fc2ブログ

寒中見舞い




なかなかアップするタイミングが合わず、もはや温かくなって来た様な感じもしますが、寒中お見舞い申し上げます。(2月中に上げておきたかった(;´Д`))

いつも賀状or近年は寒中見舞いの写真は自分で撮っていたのですが、今回初めてプロのカメラマンに撮って頂きました。
 (撮影 Arbōreo
素敵な写真になりました。ありがとうございます(^^)/

2013年の賀状(へび年)から始まった立体作品も今年の辰(たつ=龍)年をもって一巡りしたので来年からは新機軸?というか、なにかしらもっと自由に行きたいものだ、と考えております。
と言いつつ、最近また人形(自主)制作がまた盛り上がって来たので、でも
平面(自主)制作もかなり熱くなって来て、どうなる事やらwww
将来はお人形作家になろうか、画家になろうか悩むところです(*´ω`*)
 



| お人形 | 08:09 │Comments0 | Trackbacks0編集

「つるわるつ」PV



前からも後ろからも読める回文絵本『つるわるつ』(文研出版)
作: 林 木林、絵: 岡本 よしろう
動画せいさく・作詞作曲:岡本よしろう  うた:ちあきちゃん(小1)



| 動画 | 13:34 │Comments4 | Trackbacks0編集

「つるわるつ」キャンペーン

GGQMLo5aEAEnX0F_convert_20240220142216.jpg

『つるわるつ』キャンペーン
抽選で10名様に絵本とオリジナルトートバックをプレゼント🎁

応募期間は本日2月20日(火)から26日(月)23:59分までだそうです。
(知らんかった(≧▽≦))

詳しくは→ 文研出版X(旧Twitter)

あたくし自身はツイッタとかやった事ないので、この手の事は
よくわかっていませんが(笑)、わかる方はふるってご応募下さいませ(^O^)/



| 展示・イベント | 14:39 │Comments4 | Trackbacks0編集

100人展



明日2月12日(月)~3月2日(土)、東京表参道のピンポイントギャラリーにて
開催されます恒例の新春100人展に今年も出品させて頂きます。
今回のテーマ(課題)は「色」。
100人100色の色とりどり(?)な作品をご覧下さいませ。
100人展の詳細→ ギャラリーホームページ 

& 以下のサイトにて100人の作品が観れます。
(2024年2月12日 18:00 から販売されます)
→ ピンポイントギャラリーストア

あたくしはギリシャ神話の「エウロペの略奪」を描きました。
なかなかいいですよ自画自賛! というのも巨匠たちの名画を
あたくしナイズドしただけじゃないのか!?とかとかwwww

良かったら見てみて下さいませ。



| 展示・イベント | 17:09 │Comments0 | Trackbacks0編集

ソンブレロの夢



あたくし寝て 起きる前あたり、夢うつつの時あたりにたまに歌を聴きます。
それがいつかどこかで聞いた曲なのか、夢の中のオリジナル曲なのかが判然としません。
本日のうた(曲)ボーカルのおっさんの声質とテキトーさがとても魅力的でした。
外国(語)の曲でした。イメージを絵にしてみましたが、動画だった気もしますし
レコードジャケットだった気もします。ソンブレロのメキシカン集団だった気もしますが
インドのオッサンたちだった気もします。

記憶をもとに曲も再現してみましたが、覚えているのは後半サビ部分で、前半は
雰囲気&創作です。 (↓クリックすると音が出ます 37秒)

ソンブレロの夢



| うた・曲・詩 | 14:56 │Comments2 | Trackbacks0編集

「つるわるつ」



新刊絵本「つるわるつ」 (林木林 作 岡本よしろう 絵) が
文研出版より出版されました。(→ 文研出版HP
言葉の達人、林木林さんが放つ、ユニークでホラー(!?)な
「前からも後ろからも読める怪文回文えほん」です。

tsuruura_convert_20240201075751.jpg
後ろから→前 にも読めます。

お話は、ある夜、”トマトの館”で行われる舞踏会に次々とお客がやって来るが……。
声に出して、もしくは(できれば)歌いながら読んで頂きたい回文えほんです。

いやー、やっと出ました、というか難産でしたwww
最初の頃の打ち合わせはコロナ前で、都心の喫茶店で対面でやってましたので、
「あれからどれくらい経ったのだろう?」という感じですが、
関係各位のご尽力のおかげさまで晴れて完成する事ができました。
ありがとうございます<(_ _)>
あとは子供たちがどんな反応をするのか!?ちょっとドキドキします(≧◇≦)



| 絵本 | 08:41 │Comments2 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

岡本よしろう

Author:岡本よしろう

過去の記事